スポーツ(部活)での痛み、違和感

シンスプリント

原因:走る事が多いスポーツを行っていいる人に多く、運動時、運動後に下腿の内側に慢性的な痛みが起こるものをシンスプリント、あるいは過労性脛部痛と呼んでいます。
痛みを我慢して走っていると走れなくなってしまい、疲労骨折と診断されて長い間運動を中止せざるをえない事もあります。
また時間がたつと非常に治りが悪くなり、早期に治療を始めなくてはなりません。
反復するランニングやジャンプにより下腿の内側の骨に刺激が加わる事と、足首や親指で地面を蹴る筋肉が、下腿骨の内側の骨膜を引っ張り炎症が起こるためです。

オスグット・シュラッター病

膝の脛骨の付近の痛みや膝裏の痛みを感じる。様々なスポーツでジャンプや屈伸を行うことにより、大きな衝撃が膝(脛骨)付近に生じ、脛骨粗面付近に炎症が生じる。脛骨粗面に存在する骨端核に機械的牽引力がかかることに起因するとされる。このため10 - 15歳の活発な発育期の男子に多く発生し、運動時に症状が強く現れる。膝伸展機構は大腿四頭筋から膝蓋骨、膝蓋靭帯、膝蓋腱、脛骨粗面へと連続する。発症者としては外見からはあまり痛くなさそうでも本人からすればかなり痛いのにわかってもらえないのも発症者のネックになることが多い。

テニス肘

テニス肘とはテニス、ゴルフなどのスポーツの他、主婦が家事で手を使いすぎる場合に発症します。
主にはテニスのバックハンドをした時にスイートスポットに当たらず、上腕の伸筋群に負担がきて炎症が生じます。

野球肘

主には野球の投球動作で発症し、上腕の屈筋群に負担はきて、上腕の外側部に炎症が生じます。

治療法

症状の初期段階はアイシングや包帯、テーピングで炎症を抑えます。
症状が緩和してきたら、超音波、干渉波による関節や筋肉に対するアプローチを行い、拘縮や、筋力の低下を防ぎ、柔整マッサージやストレッチを行う事により関節の動きの拡大をしてきいきます。
また、部活やクラブの練習に助けになるようにテーピングで関節の動きを抑制し、痛みの緩和を行います。
当院には多数のスポーツ選手が通院しておりますので他院でよくならなかった方は是非当院をご利用ください。